fc2ブログ

祇園八朔

CATEGORY京都
8月1日 
芸妓や舞妓さんが芸事の師匠やお茶屋にあいさつに回る
夏の恒例行事「八朔」が行われました
 
 八朔は旧暦8月1日を指し
京都の花街では日ごろの感謝を込めて
お礼や贈り物をする習わしが今も受け継がれています

祇園甲部の芸舞妓さんは絽の黒紋付きの礼装姿
 「おめでとうさんどす おたのもうします」と
あいさつを交わします

普段はカメラを向ける事が出来ない芸舞妓さんを
一目見たい 写真に収めたいと
他府県のみならず海外の方々までも
祇園にお越しになっています

一度は撮ってみたいと思いながら
おじ様方の中に混ざってレンズを向ける勇気がなく
ずっとスルーしてきたのですが
写友さんに背中を押して頂き
今回初めて祇園甲部の八朔の様子を撮って参りました



花見小路「一力」前


やって来ると同時にカメラのシャッター音が・・・



ご挨拶が終わると次へ向かいます








舞妓さんの襟足 普段は二本線ですがこの日だけは三本になります


当然のことながら30℃以上あります






犬矢来のある風景も祇園らしいですね



カメラマンが近づきすぎて髪に触れたようで…
「かなわんわぁ~」









汗を抑えながら


早い足取りで次へ向かいます





細い抜け道 顔見知りの猫ちゃんのようで
猫になりたいと思った方もいらしたでしょう^^;




道々でもご挨拶が交わされています














凛としたおかあさんやお姉さまも素敵ですが
舞妓ちゃんはやっぱり可愛らしい









二組が重なり 一気に華やかに~
















真夏の陽射しの中で
颯爽と歩く姿は女性から見ても恰好よく
普段はあまり見られない
芸妓さんやおぼこさの残る舞妓ちゃんの笑顔に
魅了されていました

初めてで追いついて撮るのが精いっぱいで
思うようなショットは中々撮れませんでしたが
この続きは後日DBでお伝えします~


思い切って行って良かった八朔でした^^;



関連記事

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply